読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つかのまの忘れがたい日々

かみやまくんがいる日常

ジャニーズWESTと認知の門

 
ついに購入しました。
 
はじめジャニーズWESTが好きじゃなかった。デビュー時のWSも漏れ聞こえる彼らの道のりも苦労話ばかりで「なんやこいつら、はじめっから苦労売りしやがって」と思っていた。
 
なのでええじゃないかをご祝儀買いしたくらいであとは歌番組に出るならチェックする、少クラやリトラを見る程だった。
 
 
番組での彼らはいつも楽しそうで、そんなときにジャニーズWEST最後の中間淳太くんの一万字インタビューを読んだ。
そこには昔話は終わりと書かれていた。ファンと彼らが同じ場所を目指すために整理しなくてはいけない通過儀礼のようなもので、その機会が一万字インタビューとして与えられただけであって多少の事務所の思惑があろうと苦労売り片付けられない必要な工程だったのだ。
 
 
そこからは特に誰が好きとかではなくジャニーズWESTを見るのが楽しくなった。なかでも神山くんは一際ダンスが上手くて目を惹く存在だった。
私の好みはインテリで頭の回転早くてちょっと捻くれてるけど自分の可愛さをわかってるあざとい子なので単純に好みだけなら重岡ならぬゲス岡ぶっちぎりだ。
神山くんは顔は可愛くて好みではあった。特に少年たち2010の少年が大人ぶってる感じとか、桐山と歌うRivalのときの悲しい顔*1とかすごく好み。10代の神山くんのビジュアル美しすぎる。が、ヤンキーっぽくて怖かったのでパフォーマンスが好きでとどまっていた。
 
 
そんな私がコンサートDVDを購入するに至ったには訳がある。
 
 
私はメンバーの歌声を聞き分けることができない。だからいつもCDを聴いていても歌詞がいいくらいの感想しか言えないのでぼんやりと聞き流している。
 
Hey!Say!JUMPのCDだとぼんやりと聞き流していると伊野尾さんの声*2が聞こえてきてハッとするのだ。
 
 
そんなこんなでスーパーで買い物をしながらジャニーズWESTを聴いていたときのことだ。私は398円のカットパイナップルを買うか買わないか迷っていた。その横に150円の半玉のパイナップルがあったからだ。
そのとき聞こえた声が神山くんだとわかった。聞き流していた歌詞も聞こえた。
 
 
 
つまりこの瞬間、私は神山智洋の認知の門をくぐった。*3
 
 
 
聴いていたのはCriminalの2番*4だ。
 
 
聴こえた瞬間に条件反射で「渡さないで!」と言いそうになった。パイナップル抱えながら。我ながら飼い慣らされたキモオタである。
 
 
Criminalのパフォーマンスは少クラで見たことはあったが2番はやっていない。一体どんな表情で、どんな踊りで、どんな風に歌っているのだろうと気になってしょうがなかった。
 
周りに聞いてみるとどうやらコンサートDVDでCriminalをフルでやっていると聞いたのでその場で購入した。
 
 
結果、大満足!
 
 
すごい格好良くない!?
鋭い眼光で普段の笑顔からは想像できない危ない男感出てる。
CDより少しゴリゴリで歌っていてライブ感がある。惜しむらくはつなぎ衣装か。かわいいけども、白衣装で謎に新郎感とか出して欲しかった。あとすごい画面揺れる。酔う。
あれだけ激しい曲を結構ガツガツ踊ってるコンサートでフルでやる気合い。
素敵ですね。
 
 
これからジャニストはCriminal出ですって言う。
 
 
神山智洋の認知の門を潜ってからもいまいちキャラが掴めない。
デビュー前の7WEST時代の神山くんは自信満々でギラギラしていて万能感に溢れていて生命力に満ちた印象だったのに対し、現在はどこか自信なさげで大人しい印象だ。
 
向上心はあるのに、野心はないという。
あんなに過激な髪色や奇抜なファッションをしているのに、インドア。
熱い男なのに、ネガティヴ。
凄くダンスもアクロバットも上手いのに、運動音痴気味でカナヅチ。
人懐っこい笑顔なのに、距離詰めるの下手。
170㎝あるのに、ちびキャラ。
ふざけてると思ったら、突然のマジレス。
需要あるのに、シンメ売りに力入れない。
喋らないから映らない。お前は見切れアイドルを継承する気か!
 
不器用すぎるよ神ちゃん。
外見とはかけ離れた内面のギャップが彼の魅力を生み出しているのだろう。
そういうところも全部ひっくるめてかわいいしかっこいいし、私のアイドル*5だ。
 
 
 
今度発売するアルバムも楽しみである。
金髪に天使の羽って間違いなく天使だ。ぜひ見たい。
しかし通常盤の曲も聴きたい。
 
今回は初めての組み合わせ曲ということで、ファンとメンバーの認識に誤差がないように曲を選んだと言っていた。
神山くんはジュニア時代からのシンメである重岡くん*6と組んでいて、lovely Xmasという凄く可愛らしい曲だ。
 
かみしげ用に用意された曲目からでなくジャニスト用に用意された曲目からどうしても、と選んだ自分たちのメンバーカラーに合った曲を重岡くんは歌割りにも演出にも拘っているという。
 
つまり、これは重岡くんによる「かみしげというシンメはこういったものだ」というプレゼンのようなもので、重岡くんはかみしげ=かわいい路線と言っているのだ。
 
 
かみしげはかわいい。それは周知の事実。そのうえに重岡くんが考えるかみしげはかわいい路線で行くべき、ってその考えがすでにかわいい。
 
でもな、黒髪の神ちゃんとだったらかわいい路線だけじゃなく王道ど真ん中いけるよ。重岡プロデュースでみたい。よろしくお願いします。
重岡くんは7WEST時代から正統派に拘っていたけれど、それが今も強みになっていると思う。
 
 
ジャニーズWESTという関西色を打ち出したグループでジャニーズだからって下駄を履かせなくても面白い。わちゃわちゃとした関西色強いグループに見えるけど実は歌のレベルも高いし、踊れる正統派。最強かよ。
 
仕事もバラエティーから報道、演技だって朝ドラから月9、時代劇にコメディ、舞台もあれば映画まで幅広くやれるのは7人だから。
 
デビュー当時のごたごたで漏れた神山くんは俳優の道を示されたと言ったけれど段々と立ち位置を下げられていた状況でいつ反故にされてもおかしくなかったと思う。
そうなったときアイドルを辞めるという選択肢が必ず出てくるはずで、デビューを逃した後ならなおさらその確率が高かくなるだろう。

ジャニーズWESTデビューおめでとう、心からそう思えるようになった。
神山くんを離さないでいてくれてありがとう。

*1:なにわ侍のかみしげシーンでも同じ顔してた

*2:すげぇ特徴的

*3:と、思う

*4:君が変えてくれたんだMy girl 誰にも渡さない

*5:崇拝の意味で

*6:通称かみしげ