読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つかのまの忘れがたい日々

かみやまくんがいる日常

JUMPing CARを聴いて

内容的に伊野尾マニアとしておすすめしたいのがPuppy Boo、ジャニオタとしておすすめしたいのが愛よ、僕を導いてゆけ、個人的に推したいのがFever、でも1番聞いているのはUNIONという状況。

ペットショップラブモーションはだいぶ盲目にならないときつい。自担がやってるからキャー!と言えるわけで興味のない人がやっていたら…どうだろう。笑


Puppy Boo
Puppy Boo(号泣)という気持ちです!
初めて聴いたときはそこはかとなくマイフェアレディを思い出した。図書館戦争の小牧さんと毬江ちゃんのような関係でずっと同じ年の差なのに魅力的になっていく彼女に翻弄されてる歌という印象。
ただ、同い年の彼がちょっと大人ぶってそんな風に言っているのなら赤面レベルの激甘ソングだ。青春ポイントは付かず伊野尾慧にボロクソ言われてしまう。
そして歌い出しが伊野尾慧。ついにきたか伊野尾慧。曲の中で歌い出し、歌い終わり、サビが歌割り的に盛り上がるとこなので正直驚いたが曲の雰囲気にすごく合っていて歌詞は突き放す感じなのに声が甘いので柔らかくなっていてきゅん。高木雄也の声はクールなのに歌詞は甘くてバランスが素晴らしい。
しかも歌い終わりが有岡大貴。いのありサンドイッチでお腹いっぱいです。ありがとうございました。


愛よ、僕を導いてゆけ
硝子の少年を思い出させる曲だと感じるのはどちらも叶わぬ恋を歌っているからなのか。伏せ目がちな笑顔の後での知念侑李パートが印象的。ちいちゃんが歌うとまさに君のことやん!
ジャニーズが歌う片思いソングは聴いているといやいや、ジャニーズなんやけ振られるわけないやろ?と思ってしまうが何故かストンと入ってきた。
薮くんソロで聴いてみたい。


ペットショップラブモーション
伊野尾マニアを名乗るなら外せない曲。
「にゃん」じゃなくて「にゃあ」にしたのが勝因。連れてっての加工音が耳に残る。だめ離さないのイケボもずるい。伊野尾慧の自己プロデュースは「おめぇらこういうのが好きなんだろ」と札束でひっ叩かれたような気持ちになるが、好きです。大好きです(盲目)
ちいちゃんがかわいいのは当然として、最近めっきり低音になった中島裕翔の甘い声が聴けるのはこの曲だけでは。ただ、他の3人が鳴き声なのに対して擬音。ぴょんて、カエルかよ。鳥にしてチュンとかあったでしょ。
高木雄也のレコーディング風景をみてこれがゅぅゃかと理解した。ちょっと悪ぶって歌ってるくせに顔の横に手を持ってきてワンという。ノリノリなのに恥ずかしがるこれがHey! Say! JUMPの最年長。尊いね。
連れてってとねだったわりに「そろそろ連れてかれちゃうかも」を全く祝わない3人。ペットショップの大きくなりすぎたペットは…っていう闇を感じます。


Fever
とにかくめでたい。きりきり舞いのエブリデイの山田涼介と薮宏太の声が綺麗。有岡大貴にそこのけそこのけ よりどりBoom Boom を割り振った人天才か。
Hey! Say! JUMPがよく言うでっかい花火打ち上げよーぜを歌にしたらこれじゃないかとさえ思う。
アイドルが天下統一目指すとかまさにアイドル戦国時代の名残り。とにかくべらぼうに盛り上がれる曲。
中島裕翔のよろしくも良い。よーろしくされたい。だだだ誰もやったことなーいも凄くキャッチーで楽しい。
Foreverのような剥き出しの闘志も良いけれどお祭り騒ぎに乗じて普通の少年がジャニーズになってトップアイドルを目指す乙ゲーアニメ化みたいなFeverもいい。
将軍家の長男薮、将軍家の庭師光、将軍家の剣指導裕翔、遊郭の主人ゅぅゃ、長屋で伏せった母を助けるため傘の修理してる山田、旅芸人知念、貧乏旗本のドラ息子有岡、謎の浪人伊野尾、ジョン万次郎オカモトケイト偶然の巡り合わせで集まった彼らは江戸を盛り上げるためアイドルに!?
さぁ、あなたは誰を応援する?
錦飾るまで課金しまくる所存です。


UNION
なにを隠そうYa-Ya-yah世代です。忍たま乱太郎のエンディングはYa-Ya-yah、初めて買ったCDはYa-Ya-yah、日曜日のお昼はYa-Ya-yah。中学時代は友人と共同でアイドル誌を購入しデビュー組は友人へ、Jrは自分へと青春はYa-Ya-yahと共にあったといっても過言ではない。(ちなみに翔央担でした。彼の退所でオタ卒、JUMPの派閥替えを機に出戻りです)
強火やぶひか担の有岡大貴によってやぶひかがフューチャーされるのかと思いきや全くそんなことはなく、確かにひとりとひとりとひとりが集まってできたものだと納得できた。
ラップ詞で違いが出るのかと。八乙女光は単語で刻み、有岡大貴は文章で刻むのかな。ありとめパート入れ替えたのも聴いてみたい。
サビの薮ソロは薮の薮よる薮のためのソロだった。私の知ってる薮くんでも私が追いかけてなかった時期の薮くんでもなく凄みが増したというか。

流れる旋律 ほとばしる戦慄 よりも印象に残ったのは 霞んでいく目の前 絶望に屈する前に 導かれるように声出せ のとこ。
ちゃんと聴こえてるよ、と返したくなるような歌詞だ。UNION出の薮担って楽しくなりそう。